島根県益田市戸田町、柿本人麿(人麻呂)生誕の地

>島根県益田市・【戸田柿本神社.com】トップページ
島根県益田市・【戸田柿本神社.com】万葉歌人柿本人麿(人麻呂)
島根県益田市・【戸田柿本神社.com】お問い合わせ
万葉の時代から1300年、
その生誕秘話を今に語り継ぐ「語家」があった!
新築祝いに、家内安全ご利益お守り御札通販【人麿ショッピング】
歌聖・柿本人麿の生涯はナゾに包まれています。
唯一はっきりしていることは、日本最古の歌集・万葉集に、人麿さんがつくった多くの長歌、短歌が集録されていること。
時代でいえば持統天皇の681年から文武天皇の700年までとなります。
その前と後、つまりどこで生まれ・育ったのか、どこで死去したのかなどは一切ナゾのままです。
このことが日本各地に、さまざまな人麿伝説を生んできたのでした。

ところが島根県益田市戸田町には古代から連綿と続く語家(かたらい)が現存し、
この地を柿本人麿生誕・成長の場所として今に語り継いでいます。
その語家というのは綾部家で、いつの頃からか人麿さんを神として戸田柿本神社にお祀りし、
激動の歴史の流れを越えて平成の今日に人麿誕生説話を伝えてきました。



綾部家はいまの宮司・正氏で49代を数えます。
人麿さんの死からほぼ1300年経っていますから、一世代にすると平均26.5年。
世代論としても整合性のある数字が得られます。
人麿生誕地を自称する土地は他にもありますが、
それらの地にこれに似た「証拠」を見ることはできません。
哲学者で日本文化学の大家・梅原猛氏がその人麿研究の中で、
戸田柿本神社を注目すべき対象として選んだのも、
こうした歴史の重みを重視しているからです。
島根県益田市・【戸田柿本神社.com】万葉歌人柿本人麿(人麻呂) 戸田柿本神社 火伏せ御札推進協議会
0856-25-7025(TEL・FAX兼用)
■当サイトにおけるロゴ・画像・文章などの無断転載・引用は固くお断りいたします■ ホームページ制作「ホームページ職人」